ICO

【意外に多い!?】日本発のICOを調べてみた

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。

COMSA

概要

企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。(※トークンセール終了)

公式サイト https://comsa.io/ja/
ホワイトペーパー file:///C:/Users/rpc008/Favorites/Downloads/COMSA-Whitepaper-Japanese.pdf
プラットフォーム NEM, Ethereum

日本の大手取引所のZaifが実施しし、100億以上の調達に成功したICOです。ICOプラットフォームなので、これからの日本発のICOはCOMSA上で行われることが多くなるはずです。ちなみにCOMSA自体は今でもZaifで取引可能となっています。

QASH

概要

QUOINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約。その流動性を享受する為に必要な各種関連サービスを一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。(※トークンセール終了)

公式サイト https://liquid.plus/ja/
ホワイトペーパー file:///C:/Users/rpc008/Favorites/Downloads/quoine-liquid_v1.9_ja%20.pdf
プラットフォーム Ethereum

元々シンガポールで取引所を運営していたQUOINEが日本に進出してきて行われたICO。Zaifよりメジャーな取引所ではありませんがこれから成長が期待されているQUOINEが行ったことで、3日間で120億円が集まったと言われています。

ALIS

概要

ALISは信頼性の高い情報・人に素早く出会え、 誰もが報酬を得ることができるソーシャルメディアプラットフォームです。従来のメディアにありがちな広告のためのコンテンツ、ステルスマーケティング、信頼性の低い情報に うんざりしている人々を解放することがALISの目的です。(※トークンセール終了)

公式サイト https://alismedia.jp/
ホワイトペーパー https://alisproject.github.io/whitepaper/whitepaper_v1.01.pdf
プラットフォーム Ethereum

日本企業が初めて億単位の調達に成功したといわれているICOです。ICO成功後も今後のICO活性化の為情報の公開を続けています。現在は4月下旬に公開予定のALISクローズドβという情報プラットフォームの参加者を募集しています。

Metamo

概要

メタモは労働者自身がスマートフォンのGPS(全地球測位システム)位置情報を用いて勤務状況を記録する仕組みを作り「個人が持つ好きつの可視化」を目指します。(※トークンセール終了)

公式サイト https://metamo.it/index_jp.html
ホワイトペーパー https://metamo.it/whitepaper_jp.pdf
プラットフォーム Ethereum

企画自体は評価されたものの、300万程度しか調達できずICOの失敗例として扱われている。代表の佐藤氏は「調整中の部分でホワイトペーパーに記せないことも多かった」「(PRについて)事前告知の期間が2週間と短かった。まずはやってみようという思いが強かった」と述べている。

AMPLE!

概要

ERC20に準拠したトークンであるAMPLE!コイン(ACO)を発行します。ACOは、全世界のレイヤーへの直接的な支援、物販、限定イベントの参加費の支払いからはじまり、この領域における多種多様な支払い手段に充当されます。

公式サイト https://acoin.ample-cosplay.com/
ホワイトペーパー https://acoin.ample-cosplay.com/download_whitepaper/whitepaper_jp
プラットフォーム Ethereum

コスプレ文化の活性化を目指したICO。こちらは現在準備中のステータスなので興味を持った方は参加することが可能です。コスプレ×仮想通貨という組み合わせが面白いので、今後注目のICOのひとつになりそうです。

最近では株式会社メタップスの時間取引所「タイムバンク」がICOソリューション「COMSA」とICO実施を合意したと発表がありり、近々正式にICO開始の発表もあるのではと言われています。他にも「マスオオヤマコイン」や日本人が多い海外企業の「オタクコイン」が話題になったり…と、まだまだ日本での仮想通貨とICOへの熱気は続きそうです。

The following two tabs change content below.

まねまね編集部

仮想通貨に関する情報を日々お届けしています!

Related post

  1. 【3/16】公開前ICO情報を先取り!②
  2. 【3/12】公開前のICO情報を先取り!
  3. 【ICO紹介】Taklimakan Network (タクラマカ…
  4. 【2/27】公開前ICO情報を先取り!
  5. 【2/13】公開前ICO情報を先取り!
  6. 【ICO紹介】Photochain(フォトチェイン)とは?
  7. 【2/22】公開前ICO情報を先取り!
  8. 【ICO紹介】Joint Venturesとは?
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
CoinTraderに新規登録!

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP