コラム

COMSAが停滞気味。COMSAがここまで価格が落ちたわけとは?

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。

COMSAトークン(以下CMS)をご存知でしょうか?

COMSAとは日本で初めてのICOプラットフォームで、Zaif取引所が運営している会社のテックビューロが進めているプロジェクトです。そのプロジェクトに必要な仮想通貨を発行し誕生したトークンがCMSです。

>>>COMSAについて詳しく知りたい方はこちら!!

では現在はどこまで価格が落ちているか見てみましょう。

CMS市場価格が崩れ、現在の価格はプレセールを行い本格的に取引された時と比べると40%減の約60円です(2018年4月6日現在)。一時期500円だったころのCMSと比べるとひどいことになっています。

これには理由がいくつかありますが、個人的な見解としては3つあると考えています。

CMSの価格が落ちた理由

1.CMSを利用してICOに参加するメリットがない

CMSの魅力の1つとして、企業がICOを行えるようになります。企業が仮想通貨を発行して、投資家がそれを購入することによって資金調達ができるようになるのです。

しかし、肝心のZaifを運営するテックビューロが行政処分やビットコイン0円問題、問い合わせメールへの対応が煩雑など企業として問題が多い今の状況では、ICOを行おうとしている企業やそれに参加する投資家たちに不安が広がっているのは言うまでもありません。

2.いつまでもやってこない案件

CMSの価格があがる要因として案件があります。2018年の仮想通貨に関するニュースを見てもCMSに関係する案件がいつまでたっても出てきません

COMSAは「2018年度の終わりまでに、20以上のICO案件で合計1億ドル以上の調達を実施すること」を目標としてあげていますが2018年4月現在ではこの目標に届く見込みがないと言えるのではないでしょうか?

3.CMS離れが加速している

上記に書いたことも踏まえて、多くのCMSを持っていたユーザーが手放している可能性があります

2017年のCOMSAのICOが資金調達109億を得ました。これには理由があります。仮想通貨プラットフォームプロジェクトの壮大な計画・ICO協議会のメンバーの構成・NEMネットワークとの活用など価格が大きく上がる要因がたくさんありました

しかし、ここ最近のXEMの流出・日本での仮想通貨取引所の不振がかなり響き、COMSAに見切りをつけて、手放している人が続出しているのは価格から見てそう感じざるをえません。

4.やっと案件が出てきたかと思えばトークンじゃなくて時計

待ちに待ったCOMSAの使い道が久々に登場かと思えば時計でした。時計を買うのに手間が増えただけではないかと率直に思いましたが、使いどころが乏しい現状から鑑みても迷走している感を強く感じるような出来事です。

【今後の展望として】

「ここまで落ちたら落ちないだろう」

と言われているところから、さらに落ちてしまいました。もうここまでくるとどこまで下がるか見当もつきません。

では買わないほうがいいのかと言われるとそうでもないのです。仮想通貨を無くなるようにするためには世界中のネットワークを止めるしか方法はありません。そんなことは絶対にないので仮想通貨がなくなることはほぼありえません

COMSAが展開するCMSの可能性を見てみるとここが正念場だと言えると思います。価格が下がると必ず上昇するものです。株でもFXでも同じことが言えます。なので今後は上がっていくと予想したいのですが、停滞が続くと見ています。

それは、Zaifを展開するテックビューロの信頼回復はもちろんですが企業がを使った新たな取り組みをやっていく指針を発表するなど大きな展開がなければ価格はほぼ上昇しないと見ています

2018年4月6日現在は、仮想通貨全体が停滞気味なのでどの通貨も大きな価格変動は見込めないので、新たなICOを開拓する流れができています。

しかし、今回の記事を見ていただいたらわかると思いますが、素晴らしいプロジェクトや素敵な人材がいるからと言って価格があがるかと言えばそうでもないのが今回のCOMSAで見えてくるのではないでしょうか?

要は、何が決め手で投資をしていくのか?何が要因で投資をするのか?が大事になってきます。

「まだ参加できるICOがある!急げ!」

ではなく、このICOにはどんな可能性があるのか?どういった魅力があるのか?をしっかりみてから参加することが大切なのではないでしょうか?

エアードロップで無料コインをもらうのももちろんいいのですが、価値のないコインを持っていたとしても邪魔になるだけだと感じます。色んなコインを持っていたとしても、それを全て把握して取引するのは苦手な人も多いのではないでしょうか?

どの仮想通貨を応援するのか。投機目的ももちろん大切ですがブレない理由があって投資することで自分なりに確信を持った投資ができるといいですね。

 

The following two tabs change content below.

たまご@リップラー大学生

セミリタイア希望のただの大学生。大学では、投資に否定的な人に囲まれてます。

たまご@リップラー大学生

Author archive

https://twitter.com/kasou_mob?lang=ja
仮想通貨への愛が溢れているアカウントはこちら。

Related post

  1. ドイツのスタートアップ、SAVEDROID(セーブドロイド)が約…
  2. リップルのブロックチェーン技術をタイの大手銀行に導入
  3. 【北海道編】仮想通貨でお会計ができる飲食店をご紹介!
  4. 魅惑の集団、TRX教団とは
  5. 韓国大手企業サムスンが新型ASICでマイニング市場に本格進出!
  6. DEX(分散型取引所)とは
  7. 仮想通貨のマイニング(採掘)とは?
  8. マイニングでビットコインが崩壊する?
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
CoinTraderに新規登録!

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP