その他

スプレッドに注目して取引所を比較してみた!

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。


スプレッドとは、売価格と買価格の差のことをいいます。販売所形式やFX形式で売買する場合の主な手数料です。今回は、そんなスプレッドの視点から国内の取引業者を比較していきます。

取引所と販売所の違い

仮想通貨のスプレッドで取引所比較をするなら取引所と販売所の違いは理解しておくべきです。特に注意が必要なのは誰と取引するかの部分です。取引所形式では他の投資家と取引をして、販売所形式では取引所と取引します。一般的には販売所形式の方がスプレッドが広いことが多いのでスプレッド比較をする際には取引形式にも注目したいところです。

取引所とスプレッド

取引所で取引すると分かるのですが、株取引と同じような板形式が導入されています。
そのため厳密にはスプレッドとはいわず取引毎にスプレットとは別の手数料が発生するのが一般的です。

スリッページ

スプレッドを比較する際に注意したいのがスリッページです。スリッページは見えないスプレッドともいえ、注文価格よりもズレ(スリップ)て約定することをいいます。そのためスリッページの大きい業者の場合は販売所で確認できるスプレッドよりも大きな手数料がかかるというわけです。こればかりは実際に注文してみなければわからない特徴です。

スプレッドは一定ではない

スプレッド比較をする際に覚えておきたいのがスプレッドは必ずしも一定ではないということです。同じ取引所、同じ仮想通貨であっても市場の状況によってスプレッドは変動します。スプレッドは取引所がその通貨を調達する時のコストが高いほど広くなる傾向があり仮想通貨毎の流動性に大きく関係しています。そのため相場が急変動して、十分な流動性を確保できない時にもスプレッドが広がることがあります。

ビットコインのスプレッド

まずは基軸通貨でもあるビットコインのスプレッドを比較してみます。
ビットコインは仮想通貨の中でもっと流動性のある商品なので価格に対してのスプレッドが比較的狭いです。

DMMビットコイン

DMMビットコインは、販売所形式で仮想通貨取引を提供しています。ビットコインのスプレッドが非常に狭いことで知られ1500~3000円程度になっています。ビットコインのスプレッドは広い業者にあると3万をこえるような業者もあるため、いかにDMMビットコインが狭いスプレッドで提供しているかがわかるでしょう。このくらいのスプレッドになると取引所と比べても遜色のないトレードが実現しそうです。また、DMMビットコインはビットコインを含むアルトコインのレバレッジ取引が可能でネムやリップルといった通貨のレバレッジ取引も可能です。レバレッジ取引はこの狭いスプレッドとの相性も良いです。

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤーは、ビットコイン取引量で日本一を獲得したこともある国内の中でも特に大きな取引所です。スプレッドは15000円程度になっていて、これでも国内取引所の中では、比較的狭い方です。ただしビットフライヤーの場合はビットコインの取引所形式での売買に対応しているので、基本的には取引所を使った方が手数料が安くなる傾向があります。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEXもDMMビットコインのスプレッドの狭さには及びません。しかし、この取引所は圧倒的な流動性を誇るサービスです。国内、海外のマーケットメイカーが多数参加していますし、15社以上の海外取引所に接続しています。このため圧倒的な流動性が確保されていて、その意味では相場変動に強い取引所といえるでしょう。様々な状況に対応するためにQUOINEXのような取引所をスポット利用するのもよいかもしれません。

アルトコインのスプレッド

次にアルトコインのスプレッド比較をします。アルトコインの場合はスプレッド比較というよりも、その取引所で扱っているかどうかの方が重要になってきます。

ザイフ(Zaif)

モナコインのスプレッドが比較的狭い取引所です。ビットコインのスプレッドは広く利用価値は少ないですが、モナコインを販売所形式で売買するなら見逃せません。

DMMビットコイン

ビットコインのスプレッドは非常に狭いのですが、アルトコインのスプレッドはそこまで狭くはありません。しかし、6種類のアルトコイン全てでレバレッジ取引が可能なので利用価値は高そうです。

ビットフライヤー(bitFlyer)

販売所で注目したいのがリスクです。2018年4月現在、国内取引所ではビットフライヤーの販売所でしかリスクを購入できません。価格に対してのスプレッドを考えると決して狭いとはいえませんが、リスクを国内で手に入れるならココを利用するしかありません。またアルトコイン取り扱いは国内では多く、いずれもスプレッドは狭いというわけではありませんが至って普通です。

The following two tabs change content below.

まねまね編集部

仮想通貨に関する情報を日々お届けしています!

Related post

  1. 仮想通貨のホワイトリストまとめ
  2. 【まとめ】リップル提携機関リストの一覧を作ってみた
  3. ウォレットとは?仮想通貨の安全な保管方法を解説!
  4. 仮想通貨が貰える…!ゲームアプリを紹介!
  5. 女性の賢いお金の増やし方の話。
  6. 仮想通貨10億ユーロ(1,300億円相当)の窃盗と資金洗浄
  7. 【知らなきゃ損】ビットコインを無料で手に入れる方法!①
  8. 今話題のビットコインで旅行を楽しんでみた!

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP