コラム

ネムがカタパルトすると何が出来る!?

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。

ネム(NEM)は、日本の中でもかなり有名なアルトコインです。仮想通貨の時価総額ランキングでも上位に位置する存在で、世界中の人がネム(NEM)に注目しているはずです。そんなネム(NEM)への投資を判断するためには、カタパルトについて知っている必要があります。

カタパルトとは、間近に控えた大型アップデートのことです。カタパルトが実装されることによって、ネム(NEM)の様々な部分が改良されます。今回は、そんなカタパルトの詳細について、実装されたらネムはどうなるのか、という観点から紹介します。

カタパルトは大型アップデート

ネム(NEM)のカタパルトは、大型アップデートだと考えればわかりやすいです。ネム(NEM)への実装は、まだ正式な発表がされていませんが、テックビューロ社が開発するプライベートブロックチェーン構築プラットフォームのmijinでは、すでに実装されてテストが繰り返されています

取引スピードが飛躍的に向上する

ネム(NEM)にカタパルトが実装されると可能になるものに、圧倒的な取引スピードの実現があります。その取引スピードは、クレジットカードの国際ブランドであるVISAの決済システムに匹敵するレベルで、秒間3000~4000件の処理が行えるといわれています。

ビットコインのように利用者が増えてくると、スケーラビリティ問題のような利便性の低下が発生する可能性があります。これは、ビットコインの送金需要に処理能力が追いつかないために発生する問題なので、通貨として機能するブロックチェーンにおいては、取引スピードが非常に重要だといえるでしょう。

ネム(NEM)は、ビットコインに比べると、まだまだユーザーが少ない状態ですが、今後ユーザーが増えると仮定すれば、取引スピードの向上は大きなメリットになってくれるはずです。

アグリゲート・トランザクション

テックビューロ社のmijinには、アグリゲート・トランザクションという機能が実装されています。そして、ネムにカタパルトが実装されれば、ネム(NEM)でもアグリゲート・トランザクションが利用できるようになります。アグリゲート・トランザクションの仕組みは、非常に難解なので、言葉で説明するのは難しいです。

しかし、導入によって様々なことが実現可能になり、ひとつはより安価で便利なマルチシグエスクローが利用可能になる点です。マルチシグエスクローは、マルチシグの署名の特性を利用して、AからBへの送金をより安全に行うことができる機能です。そして、その安全はブロックチェーンが担保してくれることになります。

既存のエスクローサービスは、代金の2割程度を手数料として取るなど、非常に高いのが特徴なので、このような仕組みが安価で利用できることは、とても価値あることです。さらに、アグリゲート・トランザクション取引を同時処理するのに長けたシステムなので、ブロックチェーン上の様々な取引をひとつに取りまとめた上で、合理的な処理が可能です。

例えば、全く知らない場所で使われたビットコインをネムを使った決済サービスに利用したりと、世界中の取引をブロックチェーンで取りまとめて、合理的な処理ができるのです。

アグリゲート・トランザクションの一部のメリットを紹介しましたが、この機能は非常に将来性溢れるものなので、今後も様々なことを可能にしてくはずです。

対金融機関に特化した仕組み

ネム(NEM)の将来性を考えるなら、これがカタパルトの一番のポイントかもしれません。ネム(NEM)既存の金融システムに導入するためのカスタマイズがカタパルトでもあって、まだ全容は明らかではありませんが、今後、対金融機関へのアプローチを前提に、続々と改良が加えられていく予定です。

そのためにネム(NEM)が注目しているのは、カスタマイズ性の高いブロックチェーンで、まさにmijinがそれに当たります。そして、mijinとネム(NEM)のブロックチェーンを組み合わせることも構想にあるようです。

金融機関のシステムに当たり前のようにブロックチェーンが組み込まれるようになると、ネムの価値も大きく高まるのではないでしょうか。そのための取引スピードもカタパルトによってネム(NEM)に備わります。

ネムの2018年はカタパルトが鍵

ネム(NEM)へのカタパルト導入が、価格にどの程度の影響を与えるかは予測できませんが、ネムへの投資を長期的な視野で考えるならば、カタパルトは間違いなく好材料になるはずです。カタパルトの実装は、当初2017年という意見もあったのですが、伸びに伸びて2018年中というところまできています。

2018年中に実装された場合は、2018年一番の好材料になる可能性があるので、ネムの2018年はカタパルト実装が鍵になるといえるでしょう。また、ネム(NEM)のブロックチェーンがハッキングされたわけではありませんが、2018年1月に発生したコインチェックのネム流出事件において、悪いイメージがついてしまった部分もあります。

カタパルト実装によって、これをどう払拭するのか見逃せません。

The following two tabs change content below.

まねまね編集部

仮想通貨に関する情報を日々お届けしています!

Related post

  1. アービトラージとは?
  2. リップルのブロックチェーン技術をタイの大手銀行に導入
  3. 分散型アプリケーション「DApps」とは?
  4. 【沖縄編】仮想通貨でお会計ができる飲食店を紹介!
  5. 『取引所運営経験なし』の仮想通貨団体会長 人選に疑問の声
  6. ドイツのスタートアップ、SAVEDROID(セーブドロイド)が約…
  7. マイニングの中央集権化に対抗!匿名通貨Monero(モネロ)がソ…
  8. マイニングマシンの種類
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
CoinTraderに新規登録!

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP