コラム

アービトラージとは?

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。

今回は、アービトラージという確実性の高い手法を紹介します。仮想通貨の仕組みを上手く利用した取引方法なので、覚えていて損はないはずです。

アービトラージとは

アービトラージとは、裁定取引のことで、投資手法のひとつです。決して仮想通貨だけの手法ではありませんが、仮想通貨の場合は、その他の投資商品よりアービトラージをしやすくなっています。アービトラージを具体的に説明すると、取引所毎の価格差を利用して利益を得る方法です。

例えばAという取引所で100万円、Bという取引所で110万円で売買されるビットコインがあったとします。この場合、Aという取引所で買って、Bという取引所で売れば、10万円の利益を労せずして得ることになります。

実際には、こう単純ではありませんが、取引所間の価格差が発生すれば、非常に高い確率で利益を得られるのがアービトラージになります。

仮想通貨とアービトラージはなぜ相性が良いか

ここから従来の投資商品と比べ、なぜ仮想通貨はアービトラージとの相性が良いかを説明します。

取引所間の送金が簡単にできる

仮想通貨は、取引所間の移動が簡単にできる投資商品です。ウォレットを持っていれば、取引所からPCやスマホへの移動もできます。そのため、安い取引所で買って、高い取引所で売るという行為が、スピーディーに行えます。その方法もアドレスを入力するだけなので、難しいことはありません。

為替におけるインターバンク市場のようなものがない

FXには、一般人が取引する市場の他に、インターバンク市場と呼ばれるものがあります。これは、参加が金融機関に限られる、膨大な流動性を持つ市場です。インターバンクでの取引価格は、インターバンクレートと呼ばれ、取引業者が一般顧客に提供する際の為替レートにも多大な影響を持つレートです。

これは、インターバンク市場が一般的なFX市場の基準になっているという意味でもあって、仮想通貨には、まだそのような市場が存在しません。そのため、基準に乏しい仮想通貨市場は、取引所間の価格差が発生しやすい市場だともいえるでしょう。

キムチプレミアム

キムチプレミアムという現象をご存知でしょうか。これは、アービトラージと仮想通貨の相性の良さを表している現状でもあります。キムチプレミアムは、世界の平均的なビットコイン価格と、韓国国内でのビットコイン価格に大幅な乖離が発生する現象で、過去には最大50%以上の乖離を発生させたことがあります

簡単にいえば、他国では100万円のビットコインに、150万円程度の価格がつけられていたことになります。日本の取引所と韓国の取引所を利用したアービトラージは、法律の関係上難しくなっていますが、キムチプレミアムはアービトラージの有用性を示してくれる現象でもあったのです。

アービトラージのポイント

ここではアービトラージに取り組む際のポイントを紹介していきます。

対象の仮想通貨にはある程度の流動性が必要

仮想通貨のアービトラージは、その他の投資商品と比べて、市場参加者が少ないことを逆手にとった手法でもあります。しかし、対象となる通貨には、ある程度の流動性が求められて、流動性に乏しい通貨は、取引所にとって調達コストが高く、売買価格が開く傾向がありますし、手数料も高いからです

そう考えると、ビットコインが第一のターゲットになってくるでしょう。

各取引所の手数料を把握

アービトラージは、個人の資金は、何万、何十万の利益が簡単に出るような方法ではありません。そのため、資金が少ないと、各取引所に設定されている手数料や仮想通貨毎の送金手数料に利益が相殺されてしまいます

送金時間と価格変動に注意

ビットコインの送金スピードは、日本国内の既存の送金システムに比べると遅いです。そのため、送金時間中の価格変動による損失がアービトラージによる利益を上回る場合もあるという点は注意です。

仮想通貨は、特にボラティリティの大きな投機商品として知られています。また、取引所によって送金処理に差があるので、この違いについても事前にチェックしておく必要があるでしょう。

それなりの資金力が必要

取引所での売買価格は常に変動しています。そのため、一番安く買える取引所がAからC、C~Dへと常に変動するのです。そのため、それぞれの取引所に一定の資金を入金しておく必要があって、アービトラージで満足の利益を出せるだけの金額を考えると、それなりの資金力は必要になってくるでしょう。

アービトラージの将来

仮想通貨とアービトラージの相性の良さは、仮想通貨がスタートしてから、市場が整備されるまでの期間を上手く利用した手法だといえるかもしれません。そのため、今後、株式やFXのように市場が整備されていくことを考えると、少しずつ利益を出しにくくなるということは十分に考えられます。特に、システムトレードによるアービトラージが一般的になってくると、環境は劇的に変化するはずです。

The following two tabs change content below.

まねまね編集部

仮想通貨に関する情報を日々お届けしています!

Related post

  1. 仮想通貨オススメアプリ3選【ニュース編】
  2. 魅惑の集団、TRX教団とは
  3. 「マイニングファーム」「クラウドマイニング」とは?
  4. Binanceが分散型取引所(DEX)を発表
  5. 【沖縄編】仮想通貨でお会計ができる飲食店を紹介!
  6. 韓国の金融規制機関がICOの全面禁止を撤回、規制緩和を検討か
  7. マイニングでビットコインが崩壊する?
  8. 仮想通貨のマイニング(採掘)とは?
CoinTraderに新規登録!
CoinTraderに新規登録!

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP