その他

マイニングに参入している日本企業まとめ

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。


かつての仮想通貨マイニング市場は個人がCPUを利用して、報酬を得られる時代がありました。しかし、現在のマイニング市場は企業による独占状態になっています。

そして2017後半から2018年にかけて、そのマイニング市場にも大きな変化が訪れようとしています。大きな変化とは中国のマイニング規制や日本の国内のネット関連企業によるマイニング事業参入が挙げられるでしょう。

今回は、そんな近年のマイニング事情について紹介していきます。

マイニングとは

マイニングとは仮想通貨の発行に必要不可欠な仕組みです。

マイニングは新たな仮想通貨を生み出す仕組みでもあり、同時に仮想通貨を送金する仕組みでもあります。また仮想通貨のセキュリティを保ち取引の整合性を担保します。このためブロックチェーンと切り離せないのがマイニングだといえるでしょう。

マイニング市場は企業の独占状態

ブロックチェーンの仕組みを確認してみるとマイニングをして新規発行通貨+手数料の報酬を貰う権利はネットワークに参加する誰もが持っています。しかしビットコインのように資本力(電力、計算力)が物を言う仕組み(PoW)を採用している場合は、どうしても資本力の大きい企業の独占状態になりやすいです。

現在のマイニング市場は企業が事業として行っている場合がほとんどで、特に電力の安い中国企業の勢いは凄まじいものがあります。また仮想通貨全体が値上がりを記録した2017年頃からはマイニング報酬も大幅に高まり、こうした動きがより強くなってきています。

GMOインターネット

GMOといえば、日本では知らない人がいないくらいのネット関連サービスです。そんなGMOがクラウドマイニングサービスを2018年8月から開始する計画を発表しました。

クラウドマイニングサービスとは簡単にいえば仮想通貨のマイニングに必要な設備を貸し出すものです。GMOが対象としているのは世界の企業で1口500万ドルという高額のレンタル料を設定しています。

北欧にはすでにGMOのマイニングセンターが完成しており、着々と準備が進められているようです。今回のマイニング事業参入に関しては、相次ぐ企業のマイニング参入に必要なマシンの供給が追いついていない点に着目しているようです。

DMM.com

DMMは既にマイニングファームの運営を開始しています。2018年2月に開始されたサービスで、2018年3月には1000台規模のマイニングファームをショールーム化しています。

国内事業者としては異例の1000台規模の巨大マイニングファームのスタートになりましたが、海外展開を見据えての実験的な意味合いもあるようです。DMMは非常にマイニング事業に意欲的なようで、2018年度中に世界トップ10、将来的には世界トップ3に入るようなマイニングファームを目指していくようです。

これは決して机上の空論ではなく、DMMには長年培ったサーバー運用のノウハウがありますし強力なインフラが整っていますので期待が高まります。またマイニング市場を通じてジャパンクオリティを世界に広める目的もあるようです。

SBIホールディングス

GMOやDMMに続くかたちでSBIホールディングスもマイニング事業への参加を発表しています。SBIもすでにマイニング事業をスタートしているようで詳細は不明なものの、ビットコインキャッシュをメインにマイニングをしていることが発表されています。さらに2017年8月にはSBI cryptoというマイニング関連の会社を立ち上げているようです。SBIは仮想通貨のリップルなどとも関連性の深い企業なので、今後の展開からは目が離せなさそうです。

中国のマイニング企業の動向

日本の大手ネット関連サービスが続々とマイニング市場への参加に乗り出しているのは、マイニング大国である中国の存在も大きいのではないでしょうか。

2018年のスタートから中国のマイニング規制の話題で仮想通貨市場は盛り上がりを見せました。現在、世界におけるマイニングのシェアはその多くを中国のマイニングプールが占めています。中国のマイニング規制の動向次第ではシェアが激変する可能性があり、後発企業にとっては大きなチャンスが訪れます。

新たなマイニング市場の覇者を目指して、日本の大手企業が参入を決めている可能性は十分にあるといえるでしょう。

今後も続々とマイニング市場の大手が参入する?

GMOやDMM、SBIといった日本有数のネット企業がマイニング事業に参入したことがわかりました。

今後もこの動きが続く可能性もあり、サイバーエージェントなども仮想通貨の関連事業に好感触を示しているようです。マイニングだけではなく、ICOや仮想通貨取引など様々な分野に各企業が参入していく可能性があり、仮想通貨投資家にとってより良い環境が築かれていくかもしれません。

口座を作るなら

国内最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)がオススメです!
理由は取引画面の使いやすさとセキュリティレベルの高さです。ポイントのようにビットコインが集められるお得なキャンペーンも多数開催されているので、賢く仮想通貨を楽しむなら一押しの取引所です。
⇒bitFlyerで登録!(無料)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

The following two tabs change content below.

まねまね編集部

仮想通貨に関する情報を日々お届けしています!

Related post

  1. ひそかなブーム!?仮想通貨ネイルとは…
  2. 仮想通貨が貰える…!ゲームアプリを紹介!
  3. 【ICO紹介】Skillchain(スキルチェーン)
  4. 必要な人に確実に届く、新技術の寄付システムがICOを開始!人工知…
  5. ウォレットとは?仮想通貨の安全な保管方法を解説!
  6. 【2/23】公開前ICO情報を先取り!
  7. 女性の賢いお金の増やし方の話。
  8. 今話題のビットコインで旅行を楽しんでみた!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
CoinTraderに新規登録!

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP