まとめ

仮想通貨(トークン)の作り方を解説!

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。

トークンは国内取引所でも売買されているので、仮想通貨投資家にとってかなり一般的な存在になってきました。しかし、その多くはトークンを投資目的で売買する目的で利用しているはずです。

また、仮想通貨では、トークンを自ら発行することもできます。今回は、そんな独自トークンの発行方法について紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

仮想通貨のトークンは誰でも作れる

トークンを利用したICOが、新たな資金調達のかたちとして賑わっています。トークンは、株式のような意味合いがあるので、一般人には縁遠いものと考えてしまうのではないでしょうか。しかし、実は仮想通貨のトークンは、誰でも簡単に作ることができます。トークンを誰でも作れるのは、イーサリアムやビットコインの独自トークン発行機能のおかげです。

いくつか作り方を紹介したいと思います。

1.ビットコインでトークンを発行

ここではビットコインのカウンターパーティーという機能を使って独自トークンを作成する方法を紹介します。

BTCとXCPを用意する

カウンターパーティーは、ビットコインのブロックチェーンで機能するトークンなので、ビットコイン(BTC)が必要になります。そして、独自トークン発行機能を持つカウンターパーティーにもXCPという単位のトークンがあり、独自トークン発行の際に必要です。

XCPトークンを購入するためには、国内取引所のZaif【ザイフ】が一番良いでしょう。国内では唯一取り扱いがあり、これ以外では海外取引所を経由することになります。

indie squareについて

indie squareとは、カウンターパーティーのウォレットです。このウォレットには独自トークンの発行機能が備わっていて、簡単にトークンを発行することができます。

設定画面では、トークンの最小発行単位を設定したり、画像を設定したりできます。そして、トークンを発行する際には、XCPとBTCが必要です

独自トークンはXCPを焼却することで発行される

これはカウンターパーティーのPoB(プルーフ・オブ・バーン)という仕組みに関係するのですが、カウンターパーティーで発行されたトークンは、XCPを焼却することで発行されています。これは、送金して誰かに権利が移ったのではなく、焼却されたXCP分の総量が減ったということです。

そして、XCPもBTCの2100万枚という発行条件を減らすことで、発行された経緯があります。XCPは、新規トークンが発行されると減っていくので、デフレ通貨と呼ばれることもあります。

2.イーサリアムでトークンを発行

続いてイーサリアムで独自トークンを発行する方法を紹介します。ちなみに、新規トークン発行の主流は、イーサリアムだといえるでしょう。

ERC20

新規トークンの発行はイーサリアムが主流と書きましたが、これはERC20という規格があるからです。このルールで発行した方が、利用者、発行者共に色々と都合が良いのです。

ETHを用意する

イーサリアムで作成されたトークンは、当然イーサリアムのブロックチェーン上で動くので、ETHが必要になります。

MyEtherWallet

カウンターパーティーでは、ウォレットを使って独自トークンを発行しました。イーサリアムにも同様にMyEtherWalletというトークン発行機能を備えたウォレットがあります。契約という項目を利用して独自トークンを発行するのですが、プログラムを記入しなければならないなど、やや作成難度は高まっています

しかし、オープンソースが多い仮想通貨なので、それを参考に、少し手を加えただけのトークンもたくさん存在しています

トークンで独自の経済圏を作れる

少し話が飛躍してしまいますが、考え方によってはトークンというのは、独自の経済圏を作れる存在です。独自トークンを使って、自分が中心のコミュニティ内で流通する通貨を作成することもできます

例えば、カウンターパーティーで作成した独自トークンは、ビットコインと独自トークンを交換するかたちで、機能させることができます。

仮に自分が何らかの作品を創造していたとして、その作品に賛同する人に、ビットコインで寄付を募るのです。そして、そのお返しとして独自トークンを発行するという具合です。これは、イーサリアムでよく見られるICOによるトークン発行と同じ仕組みで、違うのは規模だけです。

特に、イーサリアムやビットコインなどの既存のブロックチェーンで作成したトークンは、すでにある程度の価値がある仮想通貨を利用することができるため、寄付や資金調達が簡単にできてしまいます

これからはトークンで個人が価値を創出する時代

独自トークン発行のプラットフォームを使って作成したトークンの用途は、まだまだ限られています。しかし、今後このような仕組みが当たり前になれば、トークンの発行によって個人が価値を創出するのが、当たり前の時代が到来するのではないでしょうか

特にイーサリアムのスマートコントラクトやDapps(分散型アプリケーション)が一般レベルに浸透すれば、個人が一大プロジェクトを立ち上げる時代がくるかもしれません。

口座を作るなら

国内最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)がオススメです!
理由は取引画面の使いやすさとセキュリティレベルの高さです。ポイントのようにビットコインが集められるお得なキャンペーンも多数開催されているので、賢く仮想通貨を楽しむなら一押しの取引所です。
⇒bitFlyerで登録!(無料)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

The following two tabs change content below.

まねまね編集部

仮想通貨に関する情報を日々お届けしています!

Related post

  1. 中小企業経営強化税制を活用したマイニングの設備投資
  2. 仮想通貨で稼ぐ!初心者にもおすすめの自動取引botアプリ!Coi…
  3. 国連がブロックチェーンを活用した難民女性支援を検証?
  4. 【今週の記事まとめ】2017年最後に仮想通貨のおさらい!(12/…
  5. 価格が大きくなりやすい発行枚数の少ない仮想通貨!
  6. 仮想通貨とトークンの違いとは?
  7. Mt.GoxとCoincheckの事件を比較して振り返る。
  8. ナイジェリアにおける仮想通貨の規制まとめ
CoinTraderに新規登録!

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP