まとめ

仮想通貨とトークンの違いとは?

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。

仮想通貨には、ブロックチェーンにおける分散型暗号通貨を示す広い意味とビットコインやアルトコインを示す狭い意味があるので、トークンと一緒にしてしまいがちです。

しかし、仮想通貨(ビットコインなど)とトークンには明確な違いがあり、目的も違っています。今回は、そんな仮想通貨とトークンの違いについて紹介していきます。これらの違いがはっきりとわかれば、投資の目的も違ってくることがわかるはずです。

仮想通貨とは

仮想通貨とトークンを比較する場合の仮想通貨とは、カレンシータイプの暗号通貨を仮想通貨と考えればわかりやすいはずです。これは、つまり通貨としての機能を持つ仮想通貨のことで、カレンシーとは、そのまま通貨という意味を持ちます。

カレンシータイプの仮想通貨は、ビットコインやアルトコイン全般のことを指し、イーサリアムもネムもビットコインキャッシュも同じタイプです。簡単にいえば、普通のお金と同じように使うことを目的とされているのがカレンシータイプといえるでしょう。

トークンとは

暗号通貨には、カレンシータイプの他にもう一種類タイプがあります。それがアセットタイプの暗号通貨です。このアセットタイプの暗号通貨をトークンと呼び、アセットとは経済資源や価値というような意味を持ちますが、株式をイメージするとわかりやすいと思います。

現在発行されているトークンの成り立ちを確認してみると、ほとんどがICOによる資金調達を目的に発行されています。つまり、何らかの事業を成功させるためにトークンを発行します。トークンを購入した投資家は、その事業の将来性や値上がりを期待するからこそ手に入れるので、まさに上場された株式と同じような意味合いを持ちます。

仮想通貨におけるアセットタイプとカレンシータイプの違いがわかりにくいのは、カレンシータイプも投機目的で売買されているからで、取引所で一見しただけでは、何が違うのか判断しにくいのです。

トークンのほとんどは仮想通貨が基礎

 

仮想通貨とトークンは、その目的で大別することができました。しかし、現在発行されているトークンのほとんどは、カレンシータイプの仮想通貨を基礎にして成り立っています。いくつかの仮想通貨には、独自トークンを発行するためのプラットフォームとしての機能が備わっている場合があります。

代表的なのがイーサリアムやビットコインです。そして、これらのプラットフォームを利用してトークンを発行した場合は、それぞれの仮想通貨のブロックチェーンの上にトークンが成り立っているイメージになります。

特にイーサリアムでERC20という企画に基づいてトークンを発行すれば、イーサリアムを利用してICOを行えるので、事業者にとっても色々と都合が良いのです。また、イーサリアムの場合は、スマートコントラクトを導入しやすいので、拡張性に富んだブロックチェーンを利用して、画期的な仕組みを構築しやすいです。

トークンのほとんどは、仮想通貨を基礎にしていることを考えれば、トークンと仮想通貨は存在する場所についても違うといえるでしょう。

カウンターパーティー

ビットコインの機能のひとつで、ビットコインに様々な拡張性をもたらします。そのひとつに独自トークンの発行機能が存在していて、ビットコインを消費(バーン)するかたちで、XCP(カウンターパーティーの通貨単位)が発行されました。

そして、XCPを消費(バーン)するかたちで、様々な独自トークンを発行することができます。すでに価値のある通貨を焼却(バーン)することで、その通貨の価値を保つ、プルーフ・オブ・バーンというアルゴリズムを導入しているのがカウンターパーティーというトークンです。

イーサリアムのERC20

現在、発行されている多くのトークンは、このイーサリアムのERC20という規格に基づいて発行されています。ERC20は、カウンターパーティーのようにトークンを発行するためのプラットフォームではなく、定められたルールや規格の部分です。

ERC20によって、ルールや規格を統一することによって、事業者はトークンを作成しやすくなりますし、投資家は受け取りやすくかつ扱いやすくなります。また、取引所もより多くのトークンを売買可能にできるでしょう。

このように全仮想通貨ユーザーの利便性向上を目的に作られたのがERC20で、現在多くのトークンがERC20に基づいて発行されているのです。トークンの目的がICOである以上、事業者にとって、統一された規格で発行した方が色々と都合が良いのです。

仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンには、明確な違いがあることがわかったかと思われます。簡単に違いを説明すれば、カレンシータイプとアセットタイプの違いです。通貨そのものとして機能するのか、特定の事業の価値を表現するものなのか、というように仮想通貨とトークンは、目的が異なってきます

The following two tabs change content below.

まねまね編集部

仮想通貨に関する情報を日々お届けしています!

Related post

  1. 仮想通貨で稼ぐ!初心者にもおすすめの自動取引botアプリ!Coi…
  2. 国連がブロックチェーンを活用した難民女性支援を検証?
  3. 中小企業経営強化税制を活用したマイニングの設備投資
  4. 【今週の記事まとめ】2017年最後に仮想通貨のおさらい!(12/…
  5. これで安全!二段階認証と使うアプリを紹介!
  6. 仮想通貨(トークン)の作り方を解説!
  7. ナイジェリアにおける仮想通貨の規制まとめ
  8. 価格が大きくなりやすい発行枚数の少ない仮想通貨!
CoinTraderに新規登録!
CoinTraderに新規登録!

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP