ICO

【ICO 紹介】 RootProject(ルートプロジェクト)とは?

まねまねの人気取引所ランキング

まねまね編集部が選ぶオススメの仮想通貨取引所を紹介します。

①bitFlyer
国内最大級の仮想通貨取引所、bitFlyer。成海璃子さんのCMで一躍有名になりました。

②Zaif
bitFlyerにも負けない実力を持つ取引所、Zaif。非常に豊富な仮想通貨やとトークンを扱っているのが、最大のメリットです。

③bitbank
中級者から上級者にまで幅広く支持されている取引所、bitbank。チャートに書き込みができるなどの特徴があり、初心者の方も早くからチャートに慣れるためにオススメです。

RootProject

RootProjectの目的は、コミュニティ活動家の全く新しい世代に資金を提供することです。
ROOTSトークンを作成して、通常の企業や非営利団体の方法では拡張できない分散型エコシステムを構築しました。

クラウドセール期間

2018/4/10~2018/4/13

プレ:不明

ICO :2018/4/10~2018/4/13

概要

RootProjectは、非営利団体向けのエコシステムです。RootProjectは、クラウドファンディングと暗号化を利用し、RootProjectの購入者に対して成長と社会資本の組み込みによる暗号を提供します。

新しく集団心理を引率する事は、コミュニティプロジェクトの需要と供給を作る事ができます。

プロジェクトの恩恵を受けるとしてもプロジェクトを完了する必要はなく、暗号化や仮想通貨に関する情報も必要はありません。このように社会的に目に見えるプロジェクトは社会が容易に受け入れる事ができます。

プロジェクトの収支の大部分は仮想通貨購入のために使用します。

他には、プロジェクトを完了するために貧困に陥った人々のための費用、監督者の賃金、などになります。通貨の供給は厳しいので、各プロジェクトはトークンの供給を減らします。

このように収益のほとんどを直接利益とならない形で使用するのはRootProjectが必要に応じて資金提供をする為です。

公式サイト ‭https://www.rootproject.co/
ホワイトペーパー ‭https://www.rootproject.co/crowdfunding/ico/files/WhitePaper.pdf
プラットフォーム Ethereum
参加できる通貨 ETH
総発行トークン数 不明
ハードキャップ 2,000,000,000 ROOTS
ソフトキャップ 33,000,000 ROOTS

ロードマップ

2017年4月
コンセプト&マテリアル開発、バックエンドコーディング

2017年6月
最初の雇用

2017年7月
Pre-ICO、GitHubのバックエンドアルファ

2017年8月
法人設立、フロントエンド開発

2017年9月

MVPの開発、パートナーシップ、韓国の拡大

2017年10月
MVPリリース

2018年1月
ICOの発表

2018年4月
公的ICO

2018年第2四半期
米国+全世界での拡張

メンバー

 

口座を作るなら

国内最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)がオススメです!
理由は取引画面の使いやすさとセキュリティレベルの高さです。ポイントのようにビットコインが集められるお得なキャンペーンも多数開催されているので、賢く仮想通貨を楽しむなら一押しの取引所です。
⇒bitFlyerで登録!(無料)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

The following two tabs change content below.

まねまね編集部

仮想通貨に関する情報を日々お届けしています!

Related post

  1. 【3/27】公開前ICO情報を先取り!
  2. ICO案件のクラウドセール(プレセール)情報まとめサイト一覧
  3. Friendz(フレンズ) 注目ICOをご紹介!【公開終了間近】…
  4. 【ICO紹介】Unibright(ユニブライト)
  5. 【ICO紹介】Cryptonia Poker(クライプトニアポー…
  6. 【2/15】公開前ICO情報を先取り!
  7. 【3/30】ICO情報を紹介!
  8. 【ICO紹介】Joint Ventures(ジョイントベンチャー…

最新仮想通貨ニュースを購読する

まねまねLINEニュース

仮想通貨やICOの最新ニュースをお届け!

友だち追加
PAGE TOP